今も進化し続けるタイムカード

  • 今も進化し続けるタイムカード

    • タイムカードは、かなり長い間企業の勤怠管理の主役となっています。
      日本で使われている期間も長いのですが、世界で最初に生まれてからも既に100年以上が経過しています。もちろん、今も中小企業を中心としてかなりの数の企業で使われています。
      その特徴は、なんと言っても簡単に導入できること、そして使う側としても操作が簡単なことが挙げられます。


      タイムカードは毎月必要とは言えそれほど高いものではありませんし、使い方もタイムカードをレコーダーに差し込むだけ。どんな社員でもすぐに使い方が分かるというのは、社員全員が使う必要がある勤怠管理の仕組みとしては必須な要素と言えるでしょう。



      しかし、そんな紙のタイムカードにも弱点はあります。
      その最大の弱点は、集計の手間です。

      ビジネスジャーナルならお任せください。

      記録は簡単なのですが、いざ労働時間を集計して給与計算をしようと思うと、カードを一枚一枚見ながらパソコンなどに入力して集計する必要があります。


      これには大きな労力が掛かるだけではなく、ミスも発生しがちです。しかも、拠点があちこちにある企業ではカードを集める手間も掛かってしまいます。しかし、こうした弱点について改善したものも登場してきています。
      それが、ICカードタイプのカードです。


      使い方は今まで以上に簡単で、レコーダーにかざすだけ。


      そうするとその瞬間に打刻データがインターネットを通じて記録、そして集計されるというものです。
      このタイプなら集計の手間はほぼありませんし、ミスも発生しません。



      もちろん、各地に拠点があっても問題ありません。

      タイムカードはこのように今も進化を続けています。勤怠管理の主役として、これからも各企業で活躍していくでしょう。

  • 知識を増やす

    • タイムカードは紙に時刻を記録するというアナログな方法なので、時間を計算しなければなりません。一般的に従業員の勤怠を記録しておいて確認は管理部門などで行うという方法になります。...

  • 科学の重要知識

    • タイムカードは給与計算をするためにも必要な個人の勤務表ということになります。勤務表は本人が記入して作成することが出来るものでありますが、内容の正確さが求められるので本当に時間があっているのか確認ができないことになります。...

  • 読めば解る

    • タイムカードは勤怠の確認や給料の計算にも使用するものでタイムレコーダーに通して時間を記録します。使用する人にタイムカードを渡す場合は誰のものかわかるように名前を記入してから渡しておくようにします。...

  • 意外な事実

    • タイムカードの時代は大きく変化を遂げようとしています。社会ではこれまでにも多く利用されてきたカード方式のシステムですが、カードとは名前が付けられていても方式が大きく変化することが特徴です。...

top