今も進化し続けるタイムカード

  • タイムカードでできること

    • タイムカードは紙に時刻を記録するというアナログな方法なので、時間を計算しなければなりません。

      一般的に従業員の勤怠を記録しておいて確認は管理部門などで行うという方法になります。
      出勤時間と退勤時間が分かると時間数を計算することが出来るようになります。


      打刻した本人はその日どのような仕事をしたかわかります。

      しかし勤怠を確認するような管理部門ではその内容がわからないことがあります。

      タイムカードに出勤だけの打刻がありような場合や逆に退勤だけの打刻があるような場合もあります。


      直行や直帰する場合は打刻がないこともあります。



      また早退や遅刻で打刻していないようなこともあります。

      勤怠システム関連情報サイトです。

      時間がわからないと計算ができないためにまず本人に確認しなければなりません。

      人数が少ないとすぐに確認することもできますが、人数が多いと確認だけでも時間がかかってしまいます。

      本人が出張でいないということもあり、時間数を計算するだけでとても時間がかかってしまうのです。

      あなたが求めるlivedoorニュースの情報サイトが便利です。

      このようにタイムカードでできることとしては時間の記録ということになり、実際の勤務時間は別に計算をすることになるのです。

      時間をかけずに効率的に計算をするならタイムレコーダーと連携した勤怠システムを導入することです。

      タイムレコーダーからデータで記録されることになり、打刻がない場合はチェックがかかって勤怠システムで確認することが出来るようになり、その時点で本人にメモとして記録を残してもらうことができます。


top