今も進化し続けるタイムカード

  • タイムカードという名称はそのまま残る

    • タイムカードの時代は大きく変化を遂げようとしています。



      社会ではこれまでにも多く利用されてきたカード方式のシステムですが、カードとは名前が付けられていても方式が大きく変化することが特徴です。

      今までのやり方では、そのままカードを機械の中に差し込むというやり方で社員の出勤や退勤を管理していました。管理をするという意味ではこれからも代わりはありませんが、その方式がデジタル化されることになります。
      デジタル化されてしまえば、これまで利用していたカードは必要なくなります。何しろ、すべてがコンピューターの中にデータとして取り込まれる訳ですから、カードは必要ありません。
      世の中における技術の進歩はとても素晴らしいものであり、私たちも素晴らしいものを発明するものです。



      まさかカードが必要なくなるとは、これまで誰も考えてはいませんでした。
      私たち個人を認識する技術は、社会の中でもかなり利用が普及されています。


      顔を認証するシステムや目を認証するもの、そして毛細血管を認証するものなど、さまざまな認証のしかたがあります。

      goo ニュースの情報が豊富です。

      それらは個人のデータを守るために利用されていますが、勤怠管理を行ううえではかなり利用しやすいことが分かっています。タイムカードが必要なくなるとは言え、その名称をそのまま残しておくのはこれまで私たちがタイムカードに親しんできた経緯があるからです。
      方式は変化しても、それにおける私たちの心情はそのまま残っています。

top