今も進化し続けるタイムカード

  • タイムカードに必要なこと

    • タイムカードは勤怠の確認や給料の計算にも使用するものでタイムレコーダーに通して時間を記録します。


      使用する人にタイムカードを渡す場合は誰のものかわかるように名前を記入してから渡しておくようにします。出勤したとき、退勤したときにタイムレコーダーに通すことになりますが、ほとんどのタイムレコーダーには出勤、退勤の切り替えボタンが付いています。
      その選択を間違えないようにすることです。

      間違えてしまうと出勤なのに退勤の欄に時間が印字されてしまい、退勤時にまた打刻してしまうと印字が重なってしまい文字が見えなくなってしまうことがあるためです。


      このような場合はすぐに上司や担当者へ連絡をしておくことです。
      タイムカードに必要なことは、出勤や退勤といった時刻から勤務時間を計算します。
      休憩時間をとっている場合はその時間を差し引きしておくことで、労働時間を計算でもとめることができます。
      そして労働時間から残業時間の有無を計算しなければなりません。

      日々の時間や週の時間を計算して超えた時間が残業にあたるのか確認をします。



      これで通常の勤務時間と残業時間を求めることができます。

      しかし残業時間の中にも通常の残業時間と深夜早朝の残業時間があります。

      これを勤務時間から判断してその時間を計算します。
      毎日の時間数を計算して、そして一ヶ月分の計算をして勤怠の確認や給料の計算に使用することができるようになります。

      あなたの知らない毎日新聞情報を厳選して紹介します。

      タイムカードは計算を間違えないようにすることです。



top