今も進化し続けるタイムカード

  • タイムカードから給与計算

    • タイムカードは給与計算をするためにも必要な個人の勤務表ということになります。

      勤怠管理の情報を提供しているサイトです。

      勤務表は本人が記入して作成することが出来るものでありますが、内容の正確さが求められるので本当に時間があっているのか確認ができないことになります。

      今、評判なのはこちらのジョルダンニュース!の人気度が上昇しています。

      しかしタイムカードを使用すると勤務表と同じような一覧性のある表ではありますが、タイムレコーダーという時間を記録する装置があることでその正確さが確かなものになってくるのです。

      タイムレコーダーには日時が記録できるように時計の機能があり、タイムカードを通すことでその日時が記録されるという仕組みなのです。
      使用方法は出勤したらタイムレコーダーの出勤ボタンを押すなど、切り替えをしてからタイムカードを通します。
      そうすると出勤欄に時刻が記録されます。
      退勤も同様に退勤ボタンを押すなど、切り替えをしてから打刻を行うのです。

      これでタイムカードに時間が記録されるので正しい勤務の時刻がわかるようになります。

      ただこれだけでは勤怠を管理する、給与計算を行うには情報が不足します。



      それは出勤時間を計算することが必要です。勤務した出勤時間と退勤の時間から実際に働いていた時間数を計算するのです。
      毎日この作業を行うと勤怠を確認するときにも時間数まで確認することが出来るようになり、給与計算にも勤務の日数や時間数を利用することが出来るようになります。


      計算に時間がかかるようであれば、タイムレコーダーを変更してデータで時間が計算できるという方法も可能です。

top